伝説の相場師損正義先生にハイエナ戦法を学ぶ。脇目も振らずハイエナ道邁進中!!
海外リゾートでのデイトレ生活に英語は必須!!
eien_banner.gif
先生が事業を始められました。英会話習得をお考えなら是非ご参考に!! デイトレで稼ぎながら、英会話習得も!! フィリピンで英会話というアイデアはさすが!!

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生のミクシィを拝見するようになって調子がいい。
当たり前だw。ただ便乗しているだけなのだから。

トレードできる日は2万や3万が当たり前のように取れている・・・。
しかし、先生が弟子に求めることはただ儲けることではなく、自力で一人前のハイエナとして、一旦身に付けたら一生食っていけるような技術を身に付ける、という事なのだから、これでよいはずはない。

先生がミクシィで復活された今を千載一遇のチャンスと捉えて、これをハイエナ戦法を自分のものにする最後の機会として、努力しなければならない。

酒など飲んでいる場合ではないw。

鈍な性質の私などは人一倍の努力をしなければならない。
どこまで出来るのか・・・。

自らの決意次第だ。もう同じことは書くまい・・・。
これが最後だ。後半生を賭けて努力しよう。
スポンサーサイト
今週は、クロニクルで大損きり。これは1・17の暴落時の損切りよりも大きく、私のような零細デイトレーダーには致命的ともいえる損害でした。
90以下は絶対的安値圏という愚かな錯覚にとらわれて89、88をアホールド。
そして大底に突っ込んだときに耐え切れず、68、58にてLC。このときにはもうボロは棺桶の中で永の眠りについて、今度よみがえるのはいつのことか分からん、という恐怖心に取り付かれてしまっていた。
ボロ株はマネーゲーム。我々カモの欲をそそって引っ掛けるために価格を吊り上げたり落としたり、筋は巧妙に罠を仕掛けてくる。
その裏をかいて餌を掠め取るつもりが、見事に引っかかってしまったなぁ。
ボロは儲けも大きいが損するときも大きくやられるというけれど、こちとら、儲けるときはせいぜい1、2円抜き、損するときは20円も30円も抜かれているんじゃ、話にならんわ。

この大損の原因はわずかな損を惜しんだことに尽きる。
「損切りは惜しみなく早めに」に反した結果だ。
もう、このパターンの大損はこれで最後にしたい。
そのためには、売れずの持越しはしないこと、これに尽きる。
今日上げきらずに明日に期待できる場合の持ち越しは、一日に限って行う。その場合、寄りが高くても安くても原則寄りで処分、よほど期待できる材料でも出ているような場合は一日の中で売り場を探す。という方針で臨む。
まあ、デイに徹するということだ。
これで損失は一定額以内にコントロールできるはずだ。

損失さえ抑えられれば、あとは小さな利益をコツコツ積み上げることで一日1万円くらいの利益は狙えるはずだ。
資金はとうとう60万円まで減ってしまったが、月に15万もあれば十分食っていける。
信用枠200万。使い切ったら現物のループをやれば260万以上の資金を使えるわけだし、ノルマ1万として運転資金の0.4%の利益を上げればよいわけで、諦めるのはまだ早い。

ここまで追い詰められて、かえって目が覚めたw。
デイトレで食っていきたいと決意したときの気持ちをもう一度思い出した。

これから安月給で使われて得る賃金なんてたかが知れている、老後の年金なんてのも微々たるもの。
お前の人生の末路は生活保護者かW。お前の生涯をかけた自己実現はそんな帰結なのか。
失うものがなければデイトレで食っていけるテクニックを身に付けて、金銭の不安のない平和な、ささやかでも自由な生活を送りたいと思ったからではないか。
そのためにはどんな努力も厭わない!と決意して今までやってきた。しかし、本当に努力してきたといえるのか?
一生食っていけるだけの技術を身に付けようとしているんだ、大変なのは当たり前だ。

それを今までは、ザラ場が引けたらチビチビとアルコールを飲み出して、酒に酔った頭でおざなりに銘柄選別をやり二日酔いと寝不足の頭でザラ場に臨んでいた。
なんと相場を甘く見ていたことか!

アルコールは先週の金曜日以来、口にしていない。
今後も、相場で儲けられるようになるまでは断酒だ。

私の全力を上げて相場に挑戦しよう。
今中途半端に諦めて、将来後悔することだけはごめんだ。
あの時もう少し頑張っていればこんな人生ではなかったはずだ、などという後悔だけは御免だ。

資金は激減したが、却って気力は漲ってきた。

出直しだ!
来週からは毎日の損益も公開する。
相場で食えるようになるために、3月いっぱいまでの、相場との、自分との勝負だ!!!
今週は少しづつ売買枚数を増やして、利益を伸ばそうとしていた矢先に暴落劇に直撃されてしまった。
こうした暴落というのは年に数度はあることで、毎日相場に参加していれば避けられないものかもしれないが、対応を間違えると軽傷が重症に、さらには一気に致命傷ともなりかねない、相場の怖さをつくづく思い知らされせてくれた貴重な体験であった。

今回の事故で得られた教訓
1.持ち越し厳禁
これはもはや、あれこれ考えるべくもない自明のこととして従わなければならないルールだ。
特に資金が少ないうちは絶対にやめるべきだ。
デイトレがたまたま持ち越しして得られる利益は麻薬だ。
コツコツと積み上げた利益を一瞬にして吹き飛ばしてしまうリスクを、今週痛感した。

2.損切りは惜しみなく早めに
  火曜にいやな雰囲気で引けたとき、含み損を2銘柄も持ち越してしまい、暴落の直撃を受けた。火曜の引けか当日の寄りで切っていればロスは数分の一に押さえられていた。
しかし、まだその程度では切れないという心理にもやむを得ないものがあるのだ。
切るには勇気がいる金額になったとき、つい、戻りを期待してしまう。勇気を要する決断から逃げたいという気持ちが働く。そしてどんどん下落していき、もはや簡単には戻らないという状況になり、どこまで下がるか分からないという恐怖感が極大化したときになってようやく、パニック状態で投げてしまうのだ。
こういう状態での投げというのは、決断の結果の損切りとは明らかに違っており、それは、暴落の恐怖から逃げたい一心での衝動的行動と言えるのではなかろうか。
LCは本当に難しい。だからこそ「惜しみなく早めに」を常に意識し続けなければならない。
デイでの損はたかが知れている。
いつでも取り返せる。
そういう意識を強く持って、意識的なLCを心がけるしかない。その姿勢を守ってさえいれば、自然と今回のような大損は避けられるだろう。

今回の暴落劇で大きな痛手を負ってしまったが、まだ致命傷ではない。来週からノーポジ、デイに徹して、チマチマ・コツコツ、目の前の数円の利益を積み上げるハイエナ戦法を更に追求したい。

来週から出直しだ!
当面のノルマは一日1万円。

頑張るぞ!!!
先週に反省した、手数を多くして経験値を上げてゆくこと、それと平日の禁酒w、これはなんとか実行できている。

週間成績は、ノルマの半分程度の達成に終わった。
これは、枚数と値幅を全く考慮せずに、とにかく手数を増やすことを第一目標として設定した為で、想定内の結果。

まずまず順調に進化しつつあるような気もするが、金曜日のアイビーダイワの貫通は、そんな曖昧な自信を吹き飛ばした。
これは、決して事故ではなかった。
根本的にはエントリーポイントの甘さが原因。
少し上手くいっているからといって調子に乗って、安易に考えてはならない。相場をナメてはいけない。
コツコツと積み上げるしかない利益。
それを失うのは一瞬。
一瞬の隙の恐ろしさを垣間見た思いがする。

来週の目標は、
日々の銘柄選別を、更に深化させること。
これについては、とにかく努力するしかない。
努力が結果に結びつき、喜びと楽しみをもって更に努力するというような好循環を続けたい。

枚数と利幅。
枚数を買う度胸は自分次第。上昇値幅を狙っても相場次第。
ということを考えると、先ずは枚数を増やしていくべきか。
100円台の銘柄は最低2枚だな。
値幅については、先ず、それを意識することから始めたい。
1円、2円の確実性を優先するにしても、常に値幅について意識したい。
狙えるチャンスを見逃さないように。
優先度から言うと、まずは枚数、次に値幅を意識したい。

来週も頑張るぞ!
年明け初日の寄り付き早々、持ち越しの6343フリージアマクロスの大幅利確で週間ノルマを達成してしまった為というわけでもないが、少し緊張感、危機感に欠ける3日間となってしまった。

近頃ようやく銘柄選別に手応えを感じるようになって来たので、次の段階としては、こうした日々の努力を実際の利益に結び付けられるようにしたい。
それには、寄り前の板の気配を見逃さないこと、場中は集中して監視すること、そして、怪しいと思ったら迷わず乗ってみること。
こうして経験値を上げてゆくしかない。

今迄、チャートが語るものを読み取れるようになることに努力の大部分を集中させてきたが、その結果、まだまだ不十分ではあるが、今にも動きそうな銘柄かどうかという判断が、おぼろげながら出来てきつつある(ような気がするw)。
この努力は益々積み重ねなければならないが、それに加えて、実際トレードするにあたって重要な、板の読み方、トレードのテクニックなどを身に付けなければならない。

板読みは経験が全てだろう。
トレードのテクニックも実際に行う中で身に付けていかなければならないだろう。

よって、兎に角、トレードの手数を多くすることを心がける。

今年から、売れずの持ち越しはせずデイに徹する方針なので、ハイエナ戦法に忠実ならば、日に数万円というような大きな負けを喫することはまず無い筈なので、来週からは、小さなLCを恐れず、どんどんエントリーして経験値を高めることを心がけよう。

もうのんびりしてはいられない状況なのだw。
やれることは全てやりたい。
平日にはザラ場中だけでなく一日中株漬けになる覚悟で頑張りたい。

よって、平日は禁酒w。

一生食っていける技を身に付けるための修行はそれなりに厳しいはずだ。
相場は簡単に儲けさせてくれない。
何事も遊戯性が重要、楽しんで行えば進歩も早い。

近頃、株の面白さの片鱗が、ようやく見えてきたような気がする。

相場との勝負であり、自分との勝負。
頑張るぞ!
先週はなが多を損切りし、今週は新たな気持ちで再スタートするつもりだったが、まだ、ひところ掴みかけていたと思えた手応えが戻ってこない。

萎縮してしまっている。
今の私の資金量ではなが多の損切りはそれだけ痛かったということだろうか。だが、もしホールドし続けていたら今頃は死んでいたw。
相場に対して、改めて恐怖を感じる。

次に、なが多を切っても他のシコリが残っていること、これも気にかかる。
少ない資金量でいつまでも信用枠が拘束されているのは痛い。
それで利確出来てもようやく1円2円が抜けるだけだろう。
別口座でホールドのヤマシナは現物だが、いずれ500円くらいまでくるとしても長引きそうだ。少ない資金を分散してしまっているのはいかにもマズイ。

一度、全て損切りをして、初心に戻るべきか。

「儲けようと思わず、損しない事。
 安く売って後悔を楽しむ。
 損切りは惜しみなく早めに。」
「売れずの持ち越しは禁止。」
「チマチマ・コツコツを積み重ねる」

相場で儲けるためにはハイエナ戦法しかないと思って学び始めたのが、いつの間にかシコリを抱えて、残された少ない余力で値幅を狙うことを考えてしまっている。
シコリ玉がいつ戻るかは相場次第、動かす主体頼みなのに、常に期待してしまっていることからくる心理的な悪影響も大きい。

もう一度初心に返って、ハイエナ戦法に忠実にやってみたい。
来週中には損切りを済ませて、持ち越し無しで新しい年を迎えることにしよう。
毎日、全力でデイで勝負しよう。改めて腹を決めた。
小資金で成功するにはそれしかない。
稼ごうとと思わず損しない事
安く売って後悔を楽しむ
損切りは惜しみなく早めに

今週の損益、-6万円。
なが多を、週間の高いところで買い、安いところで売ってしまった。

買ったときには安いと思って買い、売ったときにはもっと下がるかも知れないと思って売ったはずなのだ。
それは主観。
主観に従っていては儲けられないことは、投資家なら思い知っている筈。
しかし、ついつい主観に引きずられてしまうのが解脱前の弱小投資家w。

だからこそハイエナ戦法なのだ。
主観の排除のためには主観的思考を停止する。
思考の停止のためには冒頭に掲げたハイエナ戦法の姿勢に徹すること。
先ずは姿勢から。
損切りを惜しんで、儲けたいと思って、持越しをした結果がなが多の大きな損切りになってしまった。

今後、持ち越しを禁じ手とする。

これだけで結果は大きく違って来る筈だ。日々の損切りはたかが知れている。持越しをするから損が膨らむ。利幅を取れることもあるだろうが、労せずして儲けようと思う心に落とし穴がある、に違いないw。

損失に繋がる要素の徹底的排除。

私のハイエナ道の修行は始まったばかりだ。
相場を舐めることなく、日々の努力を積み重ねていきたい。

来週から新たな気持ちでトレードに臨みたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。