伝説の相場師損正義先生にハイエナ戦法を学ぶ。脇目も振らずハイエナ道邁進中!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は少しづつ売買枚数を増やして、利益を伸ばそうとしていた矢先に暴落劇に直撃されてしまった。
こうした暴落というのは年に数度はあることで、毎日相場に参加していれば避けられないものかもしれないが、対応を間違えると軽傷が重症に、さらには一気に致命傷ともなりかねない、相場の怖さをつくづく思い知らされせてくれた貴重な体験であった。

今回の事故で得られた教訓
1.持ち越し厳禁
これはもはや、あれこれ考えるべくもない自明のこととして従わなければならないルールだ。
特に資金が少ないうちは絶対にやめるべきだ。
デイトレがたまたま持ち越しして得られる利益は麻薬だ。
コツコツと積み上げた利益を一瞬にして吹き飛ばしてしまうリスクを、今週痛感した。

2.損切りは惜しみなく早めに
  火曜にいやな雰囲気で引けたとき、含み損を2銘柄も持ち越してしまい、暴落の直撃を受けた。火曜の引けか当日の寄りで切っていればロスは数分の一に押さえられていた。
しかし、まだその程度では切れないという心理にもやむを得ないものがあるのだ。
切るには勇気がいる金額になったとき、つい、戻りを期待してしまう。勇気を要する決断から逃げたいという気持ちが働く。そしてどんどん下落していき、もはや簡単には戻らないという状況になり、どこまで下がるか分からないという恐怖感が極大化したときになってようやく、パニック状態で投げてしまうのだ。
こういう状態での投げというのは、決断の結果の損切りとは明らかに違っており、それは、暴落の恐怖から逃げたい一心での衝動的行動と言えるのではなかろうか。
LCは本当に難しい。だからこそ「惜しみなく早めに」を常に意識し続けなければならない。
デイでの損はたかが知れている。
いつでも取り返せる。
そういう意識を強く持って、意識的なLCを心がけるしかない。その姿勢を守ってさえいれば、自然と今回のような大損は避けられるだろう。

今回の暴落劇で大きな痛手を負ってしまったが、まだ致命傷ではない。来週からノーポジ、デイに徹して、チマチマ・コツコツ、目の前の数円の利益を積み上げるハイエナ戦法を更に追求したい。

来週から出直しだ!
当面のノルマは一日1万円。

頑張るぞ!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。