伝説の相場師損正義先生にハイエナ戦法を学ぶ。脇目も振らずハイエナ道邁進中!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<取引>

なし

<ホールド中>

9822 なが多 55円(-3k)
5955 ヤマシナ 276円(-29k)
4755 楽天 10万円(-15.2k)

---------------------------------------------------------

今日は大敗。
ノートレードなので実損はないが、はなはだしい敗北感。

2342トランスジェニックの119円は買わなきゃなぁ。
前日に出た日立との業務提携のニュースも知っていたのだが、値動きを追っているときには、ころりと忘れていた。ただ呆然と上昇を見ている時の脱力感が、今日一日尾を引いてしまった。
5103昭和ゴム、102円で買えたが手を出さなかったことの後悔も尾を引く。
8107キムラタンも74円で買えたか。なぜ買わない。
1783南野建設の後場131円も手が出なかった。
6811クオンツの押し目狙いの目標145円も無理筋だったし。
9374軽貨急配の寄り天に手を出さなかったことだけがせめてもの救いか。

今の私の能力で、下手に買値目標を設定することがそもそも間違いなのかもしれない。無理な押し目を設定して、そこまで押してこなければ手も足も出ないというのでは、あまりに無策というものだ。
むしろ、銘柄のその日の値動きについてゆくという心構えでいたほうがよいか。
だが、高値を追いたくはないし。難しい。

と敗北感の直接の原因は以上のようだが、根本的には今日は相場で儲ける事の重圧に負けてしまった。
いまは低位銘柄を中心に追っかけているが、それでも1枚10万前後の買い物をして、最低リターンは千円。LCのリスクは常にある。このリスクとリターンのアンバランスに違和感が消えない。こういう風に感じる者はそもそも相場への適性が無いといえるかもしれない。
だが、こういうリスクとリターンの捉え方は、感覚的で短絡的過ぎるともいえる。
リターンは常に1円抜きとは限らないし、何度もエントリーを繰り返すことで利益も積もる。
デイトレとはそういうもので、現実にそうして儲けを出しているのが一人前のデイトレーダーでありハイエナだ。

いまさらこんなことを言っているが、これは、考えてみれば、デイトレで食って生きたいと決心する以前の問題として、自分の中ではっきりと自覚して決着をつけておくべき問題だった。
問題はリスクとリターンのバランスなどではなく、もう少し深い。
ギャンブルや相場などのマネーゲームで負けたときに、悔しさだけでなく、なんとなく罪悪感を感じる人は多いだろう。
だが、儲かったときにも単なる嬉しさだけではなく、なんともいえない罪悪感を感じてしまうタイプの人間もいるのではないか。
わたしはどうやらそのタイプの人間だ。

相場で食っていこうとする以上、この罪悪感は封印すべきだ。
これが今まで、私のモチベーションに無意識にかかっていたブレーキの正体だ。
この問題を私は今日、はっきりと自覚した。
そして、封印することを決意した。

だからといって相場で儲けられるようになるとは限らないが、これで、いつかは必ずクリアーしなければならなかった大きな障害を取り除くことが出来たと思う。

とりあえずやるべきことは、銘柄選別の精度を高めること。
改めて、ハイエナ道の第一歩だ。

今日書いた事は、何を言ってるのか分からない人もいるだろう。分かる人には分かる事柄だと思うが。

まあ、腹をくくって相場に取り組む決意が、ようやく固まったということか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。